愛を表現する機会を逃してはいけない

ascension-universe

愛する人が逝ってしまった。

私が春に日本に戻るまでいてね!って祈っていたけれど、宇宙のプログラムは私の祈りとは違っていたようだ。

今、こうして書いているのは誰のためでもない。私自身のため。

その人がどんな風に死を迎えたかなんて、他人には分かり得ないだろう。死は、計り知れない神秘の現象なのだから。

あまりにも平易な言葉だけれど、安らかな死であったことを心から願う。

生と死は、同じ。ひとつの現象なんだ。

毎日、どこかで誰かが死んでいる。毎日どこかで誰かが生まれている。

生きていることが習慣のようになって、なんでか知らないけど昨日も今日も生きている。

あぁ、なんで生きてるんだろうーーって、そんな風に自分に与えられた人生を生きてないかどうか。今一度自分自身に問うてみる。

今、本当に生きていなけりゃあ、本当に死ぬこともできない。

生と死はふたつの異なったものではなく、ひとつの現象なんだってことを深呼吸しながら肚に落とす。

 

生と死がまったく別物だという考えは、大きな誤解です。死を知ることによって、やっと本当の人生を生きることができるのです。

生というアートは死というアートと共に始まります。誕生と死のやってくる同じスペースから、わたしたちの愛やエクスタシーもやってきます。

ボーディ・バイラブ
REAL WOMAN

これが最後かもしれないー。いつも心に命じておく。

肉体から離れて自由になって、無限の空を笑いながら飛んでるんだろうなぁ・・・

ショックから少しずつ真ん中に戻ってきてはいるが、なんでだろう、悔しさのような思いが断ち切れない。

今回でのミッションがはっきりしていた人で、そして、その使命を生きていた。そんな人がなんで逝っちゃうんだよう!

私と最後に会ったのは、病いが発覚する直前だったと思う。その時、いろんな障害を乗り越えて会いに行った。なんか会わなきゃいけない、そう感じてたから。

まさか、それが最後になるとは思ってもなかった。そのときの会話は、今でも鮮明に覚えている。何かから、誰かからは分からないけれど、その託された何かを互いに感じ合う時間がほんの少しだけあって、それがとても私の心に深く刻まれている。

託したよ! 

よろしく頼むよ!

そんな掛け合い以上の、何か、なんだろう、よくわかんないけど『わかった』んだよね。

 

それが、肉体を離れたせいなのか、ものすごく強烈に感じる。

 

Oshoは、いつも言う。

これが最後の瞬間かもしれない。

そう、まさしく最後の会話には、そんな切なさと、強さと、強烈さがあった。

あのとき無理をして会いに行って本当によかった。愛を表現することをためらわなくて本当によかった。本当によかった。私のために本当によかった。

 

この記事を読んでいる方にも、心から伝えたい。

 

愛を表現できる機会をどうぞ逃さないようにしてください。

 

相手がどう受け取るか、

どのような反応をするか、

 

そんなことを自分に伺いながら、あちらでもない、こちらでもないーーーそんな風に貴重な時間を無駄にしないようにしてほしいな、と思います。

だってね、

次の瞬間、その人はいなくなるかもしれないのだから。

orion-universe

痛みでも、喜びでもなく、その中間へ。

痛みは、まだしばらく続くだろう。痛みと喜びはおなじコインの一枚なんだけど、どちらの極でもないところーーそこへ行くんだよ!トーシャン!そこだよ!それだよ!

そう言って、ケラケラ笑っている笑顔が見えるようだなぁ。

 

そこへ行くんだよ!って、あなた、それはまさにタントラ じゃないですか!

死をもってして、まだ助けてくれる友人の慈愛の深さに胸打たれて涙がとまらない。

私の可能性を、ちょっと先の、これから開花する、その場所をいつも励まし支えてくれた。

本当にありがとう!

 

彼女は祈りの力を信じていた。

私も今、彼女に祈る。

 

よしみよ、光に向かって、進め!

pink-lotus

タントラを基礎から学ぶ無料7日間メール講座

タントラを知りたいけど、どこから手をつけたら良いか分からない人のための
タントラ教養課程♡必須履修科目

・タントラって、聞いたことない
・タントラって、あやしいそう
・タントラって、分かりにくそう

どれかひとつでも当てはまる人は、
まずこの無料メール講座を
読み始めてみてくださいネ。

配信記事​
Day 1 なぜ不安なのか?
Day 2 そもそもタントラって何?
Day 3 タントラの歴史をちょい紐解いてみる
Day 4 タントラは、私に向いている?
Day 5 実際どんなことやるの?
Day 6 タントラ=セックス?
ありがちな誤解と間違い
Day 7 タントラを始めると手に入る将来

この記事を書いた人

Toshan

タントラとは何か? 私とは何か? トータルに生きるとは?自分を探求する情熱がとまらず、インドに暮らして20年になろうとしています。

現代に蘇ったタントラの聖典であるヴィギャン・ヴァイラブ・タントラハートを開き宇宙とひとつになる112通りの瞑想秘法』をパートナーのウッタムと共に実践し、日本やインドでワークショップ&リトリート開催。

メルマガ登録はここから!「シヴァとシャクティが目覚める旅