番外編(2)両親がインドにやって来た!

mail magazine back numbers

前回に引き続き両親インド紀行の続きです。

そもそも我が両親がインドまではるばるやってきた最大の目的は、娘がどのような暮らしぶりをしているのか。可笑しな宗教になぜ夢中になっているのかを偵察しに来たわけです。

多くの日本の家庭がそうであるように、私も宗教とはあまり深く縁のない環境のなかで育ってきました。

だから彼らにしてみたら、突然自分たちの娘は頭が変になってインドに行き、そこで暮らすようになり、どうやら宗教にハマっているらしい。そういう風に解釈されていたんです。

私は親ではありませんが、そう思われても当然だったと思います。ある日を境に、まともに育っていると思っていた娘がインドのヒゲを生やしたお祖父さんに熱を上げている姿を見るのは、辛かっただろうなぁって感じます。

そのような場所を想定し、自分たちの目で確認しにきたわけですが、いざOSHOリゾートに踏み込んでみたらまず目を奪われるほどの美しい自然と鳥たちの声。

キャンパスにいる人々は若い人から彼らと同じくらい年配の人たちまで実にさまざまで。
アジア各国、ヨーロッパ、アフリカ、アメリカ、ラテンアメリカと世界中から訪れている国際色豊かな笑顔に溢れる人たちをみるにつけ、

『ここは自分たちが想像していたよりも変に宗教がかった場所ではないらしい。自分たちの娘がいる場所は、極端に怪しいところではないらしい。』

という雰囲気に変わっていったんですね。

あらゆる疑いや不信を抱いてやって来ても、ここにはそれが変化していく何かがあり、両親は私が想像していたよりもずっと受容的でオープンな人たちだったと、身をもって理解できたことは私にとっての大きな贈り物のひとつでした。

そして、旅はプーナからヴァラナシへと移動していきます。

続きはまた次号にて。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

皆さまにとってビューティフルな1日でありますように。

Love,
Toshan

最新のメルマガはこちらから

pink-lotus

タントラを基礎から学ぶ無料7日間メール講座

タントラを知りたいけど、どこから手をつけたら良いか分からない人のための
タントラ教養課程♡必須履修科目

・タントラって、聞いたことない
・タントラって、あやしいそう
・タントラって、分かりにくそう

どれかひとつでも当てはまる人は、
まずこの無料メール講座を
読み始めてみてくださいネ。

配信記事​
Day 1 なぜ不安なのか?
Day 2 そもそもタントラって何?
Day 3 タントラの歴史をちょい紐解いてみる
Day 4 タントラは、私に向いている?
Day 5 実際どんなことやるの?
Day 6 タントラ=セックス?
ありがちな誤解と間違い
Day 7 タントラを始めると手に入る将来

この記事を書いた人

Avatar photo

Toshan

タントラとは何か? 私とは何か? トータルに生きるとは?自分を探求する情熱がとまらず、インドに暮らして20年になろうとしています。

現代に蘇ったタントラの聖典であるヴィギャン・ヴァイラブ・タントラハートを開き宇宙とひとつになる112通りの瞑想秘法』をパートナーのウッタムと共に実践し、日本やインドでワークショップ&リトリート開催。

世界が一変した2020年以降は、オンラインで学べるタントラ・ティーチャー養成講座を中心に、本来の自分を取り戻し喜びと共に人生をハッピーに生きる愛の道タントラを分かち合っている。

メルマガ登録はここから!「シヴァとシャクティが目覚める旅