番外編(3)両親がインドにやって来た!

mail magazine back numbers

両親インド紀行の最後になります。
ここまで読み進んで頂いてありがとうございます。

今回特に父親にとってインドへの旅の目的のひとつは、北インドにあるヴァラナシに行くことでした。なぜ彼がヴァラナシに行きたいと言い出したのか、深いところでの本当の理由は私にはわかりません。

ただ、年齢的にも「死」が他人事ではないリアリティをもってきている彼らにとって、インド人の死生観を目の当たりにする体験は実に深く貫いたのではないかとそばにいて感じていました。

彼らが初めて目にしたインドの火葬場。

ショックだったと思います。言葉は少なかったけれども、そのように私は感じました。

そして、その火葬場のすぐ隣では沐浴する人々がいて、洗濯をする人々、歯を磨き体を洗う人々、祈りを捧げている人々、瞑想している人々、ヨガのアーサナを実践している人々。

そして、それらを観光目的で川に浮かんだ小舟から、それぞれの馳せる思いとともに見ている私たち。

母なるガンジスはそのすべてを包括し、抱擁しているという言葉は小説やガイドブックだけのことでないことの体験は、すべてが整然と美しく型にはめられている日本に生きる私たちには程度の差はあれ心の深くに一石を投じる時間でした。

こうした旅の体験を通して、十数年の間、両親の口からは決して話題にのぼることがなかった最大のタブー『OSHO』について、かつてないほど正直に話しをすることができたことは、私にとってはこの上ない幸運だと認識しています。

帰国した両親からはメールで『和尚関係の皆さんによろしく』と書いてありました。
それを読んだ私の笑顔を皆さんは想像できますか?

子供は永遠に子供ですから、子供である私にとっては親が認識したことを体感できるのは本当に祝祭です。

今こうして、両親からの信頼と祝福を受けていると確かに感じることができる私には、ただ感謝ばかりが溢れています。

長くなりました。
最後まで読んでくださってありがとうございます。

皆さまにとってビューティフルな1日でありますように。

Love,
Toshan

最新のメルマガはこちらから

pink-lotus

タントラを基礎から学ぶ無料7日間メール講座

タントラを知りたいけど、どこから手をつけたら良いか分からない人のための
タントラ教養課程♡必須履修科目

・タントラって、聞いたことない
・タントラって、あやしいそう
・タントラって、分かりにくそう

どれかひとつでも当てはまる人は、
まずこの無料メール講座を
読み始めてみてくださいネ。

配信記事​
Day 1 なぜ不安なのか?
Day 2 そもそもタントラって何?
Day 3 タントラの歴史をちょい紐解いてみる
Day 4 タントラは、私に向いている?
Day 5 実際どんなことやるの?
Day 6 タントラ=セックス?
ありがちな誤解と間違い
Day 7 タントラを始めると手に入る将来

この記事を書いた人

Avatar photo

Toshan

タントラとは何か? 私とは何か? トータルに生きるとは?自分を探求する情熱がとまらず、インドに暮らして20年になろうとしています。

現代に蘇ったタントラの聖典であるヴィギャン・ヴァイラブ・タントラハートを開き宇宙とひとつになる112通りの瞑想秘法』をパートナーのウッタムと共に実践し、日本やインドでワークショップ&リトリート開催。

世界が一変した2020年以降は、オンラインで学べるタントラ・ティーチャー養成講座を中心に、本来の自分を取り戻し喜びと共に人生をハッピーに生きる愛の道タントラを分かち合っている。

メルマガ登録はここから!「シヴァとシャクティが目覚める旅