内なる国境線を超えて

img_8022-0
この夏フランスとイタリアの国境をまたがる地点まで登山したんですね。

そこは山と山の連なりがちょうど途切れて、まさにこちらの谷とあちらの谷をつなぐ通路みたいになっているところで、フランス側からイタリアを見ると遠くにモンブラン山が見え、イタリア側からフランスをみると湖や広くゆるやかな地形が見えて。。。

そこに立ったときに、国境ってどうして存在するんだろうってシンプルに思いました。だってね、実際に立っていた地点には小さな木の札に国境だということが記してあるだけ。大地の上に線が描かれてあったわけじゃない。何も知らなければ、そこは文字通り地続きになっていて「こっちの国」と「あっちの国」に分かれているだなんて夢にも思わないわけです。

この地球というひとつの惑星に生きる私たちはその一部であり、ひとつであるにもかかわらず人間が創り出した国境線という「制限ライン」によって自分たちを苦しめる必要がどこにあるんだろうってーーー。

私の内なる地球、内なる世界もこうして不自然かつ作為的に引かれた「線」のなかで、もがいたり苦闘したりしている。そして、その内なる国境を越えることを恐れたり、ビザがないから渡航できないと泣きべそかいたりしてるわけです。

でもね、現実はじゃあどうなのかって言ったら、国境など外側にも内側にもどこにもない。ぜーんぶがぜんぶ大いなる有機のなかで調和しているのに、まったく気づいてないし、気づこうとなんてまったくしない。もう無いものにしちゃってシランプリ。

小さな線を描いて、ここから出ちゃだめ!って自分に言い聞かせて人生を送ることにうんざりしているはずなのに——。

まったくナチュラルじゃない。だから苦しい。だからもがく。自然であれば、ナチュラルであれば、苦しさももがきもない。
ただシンプルにそこに在ることに寛ぐ。

自ら創りだし、育て、生きる拠り所としていた自分自身の「制限」が今まったくないとしたら——。

そんな風に目を閉じたら、永遠に広がる無限を感じられるかも。

 

img_7153

私たちが今住んでいる地球も、

私たちが今住んでいる肉体にも、

国境線はない。

その理解がやってくるとき、瞑想がとても楽しくなります。

自然であることは美しい。

Being natural is beautiful.

 

インド リシケシ瞑想トレーニング↓↓↓

お申し込み:http://www.reservestock.jp/events/132474
トレーニング詳細はこちら

 

 

こんな方にオススメです。
・瞑想をもっと深めたい。
・瞑想の基礎、瞑想の科学を徹底的に理解したい。
・しばらく瞑想から離れていたけれど、再び瞑想スペースと繋がりたい。
・瞑想ってよくわからないけど、インドに惹かれる。
・ガンジス河で沐浴してみたい。
・人生を振り返り、これから新しく進んでいくための準備やリセットの時間を作りたい。
・10日間瞑想三昧するギフトを自分に贈ってあげたい。
・海外(インド)に行くのは初めてなので、ツアーに参加して瞑想や現地の雰囲気を楽しみたい。
・聖地巡礼を体験したい。

img_3002
期待できる効果
・瞑想の基礎をしっかり理解できる。
・瞑想が深まる。
・肉体・感情・マインド・魂レベルにおける多次元層の浄化と癒し。
・恋愛・結婚・仕事・人間関係・健康・過去生へのさまざまな気づき。

 

 

インド リシケシ瞑想トレーニング

http://www.reservestock.jp/events/132474

 

日程:10月29日(土)成田発 ー 11月8日(火)翌朝成田着(現地10日間)

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

facebook-profile-picture

タントラとは何か? 私とは何か? トータルに生きるとは?自分を探求する情熱がとまらず、インドに暮らして15年になろうとしています。 シヴァがシャクティに語る愛の言葉ヴィギャン・ヴァイラブ・タントラ『ハートを開き宇宙とひとつになる112の秘法』をパートナーのウッタムと共に実践し、日本やインドでワークショップ&リトリート開催。 メルマガ登録はここから!「シヴァとシャクティが出会う歓喜の旅