深くリラックスすると仕事の能率が上がる?

man-in-walking

 

こころでからだの声を聴く。

という瞑想があります。

これはインドの神秘家OSHOが現代人のために渡してくれた自分と親しくなり、深く寛ぎ、意識的に何かをする必要のまったくない横になったままでリラックスして受けることのできる1日約60−80分、7日間の瞑想法です。

 

 

体験会をオンラインで開催したところ驚くほどの反響がありました。今は世界のどこにいてもオンラインで繋がって、一緒に瞑想ができるなんて本当に驚くべき時代になりましたね。

特に日本の方々はオンラインで繋がることへの抵抗がない方が多いと感じます。これは日本人独特の誰かと繋がる得意技というか、言葉を介さずに互いを感じ合う感受性の高さゆえなのかもしれません。そういう意味でマインドをさほど駆使することなく、エネルギーで送受信ができる特質を持ち合わせているのが日本人のようです。

私もよくジャパニーズは、エナジーピープルだわ!なんて冗談で言ったりすることがあるんですが、本当にこの民族はエナジーピープルなんだと今回改めて感じました。

 

この瞑想が何かをまったく知らずに体験会に参加してくださった方々から感想を頂きました。

 

❤︎体験会の感想

「瞑想体験、自宅でベッドの中でリラックスして行えたこともあり、すごく気持ちよかったです。

あとで、録音分を聴き直すと、かなりゆっくりお話しされてたんだなと驚きました。
みんなで瞑想しているときには、そんなにゆっくりに感じなかったので、それだけゆったりモードに自分がなっていたんだと思います。

OSHOさんの言葉の英語がすんなりと理解できなかったので、あそこで何と言われていたのかを知りたいなとも思いました。

今回は、素敵な体験の機会をありがとうございました!」(女性)

 

「案の定 そのまま寝てしまい 朝起きた時は 前頭葉の圧迫感に気づき起きました。

意識を向けると    自分は     凄く 考えてる なぁ  と感じて   寝たい気持ちのままに 出勤ギリギリまで少しまた寝ました。

OSHOといっていらした事 深くつないでゆく方便とのお話しで…自分の中で 自然と違和感を感じたのでお知らせ頂いて スッキリして 良かったです。

ヒプノ的な要素があるとの事でしたが瞑想中に 少年が 隠れつつ こちらをむいていて顔をみると 目が渦巻きになっていてグルグルを かけようとしているような感覚があり  強くイメージに残っています。

だい〜ぶ深い感覚で 驚きました。ありがとうございます」(女性)

 

ここでご紹介する以外にも、

「いつもは寝つきが悪いのに、朝までぐっすり眠れた!」

「まったく覚えていないけれど、それで全然オッケーなんだって言われたのでとても寛ぐことができました。」

という方々もいらっしゃっいました。

 

❤︎瞑想すると眠くなる!

 

ということをよく聞きます。私もよく眠くなります。瞑想は深い寛ぎの状態なので、意識的なマインドにとっては非常に非日常的な状態とも言えます。ですから、この寛ぎの状態に最も近いのが眠りの状態なんですね。

瞑想を始めると眠くなってしまって罪悪感を感じる方が多数いるのですが、実はこれは素晴らしいサイン! 忙しいごちゃごちゃの頭がリラックスし始めたということなのですから。

 

この「こころでからだの声を聴く」という7日間のプロセスは、まさに、外側の忙しい世界を忘れて、自分のからだに親しく語りかけていくことで無意識からとっている行動パターンや生活習慣、痛みや症状に変容が起こっていきます。

病気とまでは言えないけれど本調子でない感覚や、もういい加減にやめたいけれどやめられない習慣や行動パターンがあるのなら、このプロセスは本当に助けになります。

 

今回7日間のプロセスを受けてくださった方からの感想を頂きました。

 

❤︎あっという間の1週間でした

「1週間ありがとうございました。 あっという間の1週間でしたが、密度が濃かったです。 眠りを深くしたい、頭で考えやすいのでそれを静かにしたいというのが1つの目的でした。 瞑想が始まるとわりとすぐに深いところに入って、眠りにつけました。

毎日そういう感じでしたが、いつもより早い5時くらいに目が覚めるようになりました。まだ眠いなと思う時はそのまま二度寝してますが、目が覚めた時にだるさはそれほど感じなくなりました。 眠りの質が少しずつ変わってきたかなと思ってます。

また、1週間の途中で割と大きめの仕事のプレゼンがあったのですが、そこまで緊張しないでリラックスして臨めました。 これからもこの寝る前の瞑想の習慣を続けていきたいと思います。」

(40代 男性起業家)

brainstorming

 

自分が起業していても、雇用社員であったとしても、仕事しているときというのは常にある種の緊張状態が続きますよね。

 

間違いを犯してはならない。

失敗してはならない。

迷惑をかけてはいけない。

実績をださなければならない。

 

「〜ねばならない」が勤務時間中ずっと占めているわけで、これが四六時中続くと、どうなるか。

からだは守りの姿勢をとります。

呼吸も浅くなり、眠りも浅くなり、ストレスが解放できないまま、時間が刻々と過ぎていってしまう。

 

この7日間のプロセスは、そういう意味においても、リラックスして何もしない時間を過ごせるので起業家の方や、男性の方にもぜひおすすめしたいですね。もちろん女性の方も! プロセスそのものは意識的に「何かをする」必要はまったくないのですが、意識的にそういう時間を「自分に与えてあげる」ことは本当に必要だと実感しています。

 

man-working

❤︎コースを受けてみたくなったら

まずトーシャンまで気軽にメッセージください。FBメッセンジャーでもオケです。

 

オンラインでのコースは、基本は参加される方の希望時間にできるだけ応えてスケジュールを調整します。午前中や朝早い時間帯が都合がいい方もいらっしゃいますし、お仕事を終えて夜寝る前の時間を希望される方もいらっしゃいます。

ご自身のスケジュールに合わせて7日間の日程を決めていきます。7日間しっかりと寄り添っていきますので、ご安心ください。少人数クラス、あるいは個人セッションとしても受講できます。40分のフォローアップセッションが2回含まれています。

 

体験会も随時開催していく予定ですので、初めて試してみたい方はメルマガで告知していくのでぜひご登録ください。また、体験会に参加しなくても、7日間のプロセスを受講することは可能です。詳細はトーシャンまでメッセージを送ってください。

talking-to-bodymind

 

こころでからだの声を聴く

OSHO Reminding Yourself of the Forgotten Language of Talking to BodyMind

自己治癒力を高め、深くリラックスするための7日間変容プログラム

個人の日程に合わせて随時開催中。
 
 
 
 
 
 
最初のステップは、身体をリラックスさせることだ。覚えておきなさい。できるだけ頻繁に身体を見つめ、身体のどこか—-首、頭の中、脚などに、緊張がないかどうか確かめる。もし緊張があるなら、意識的にリラックスさせる。身体のその部分に行き、その部分を説得するだけでいい。やさしく、「リラックスしてごらん」と言うといい。 
 
 すると、あなたは驚くだろう。身体のどの部分にはたらきかけても、それは言うことを聞き、あなたは従う—-それはあなたの身体なのだ! 目を閉じて、つま先から頭に至るまで、緊張のある場所を探しながら、身体の内側に入りなさい。そして友人に話しかけるように、その部分に話しかける。 
 
 あなたとあなたの身体の間で対話をする。身体にリラックスしなさいと言いなさい—-「恐れるものなんて何もないよ。恐がることはない。私がここにいて、あなたを大事にしてあげるからね。あなたはリラックスしていいんだよ」と言いなさい。ゆっくり、ゆっくりと、あなたはコツを会得していくだろう。すると、身体はリラックスする。
 
OSHO
 

 

詳細についてもっと知りたい方

まず私たちに問い合わせてください。

どんな小さな質問でも結構ですので

気軽に声をかけてみてください。

お待ちしています。

    お名前 (必須)

    ふりがな(必須)

    メールアドレス(必須)

    メッセージをどうぞ

    メルマガ

    *匿名でのお問い合わせには回答しかねる場合がございます。
    誹謗中傷や卑猥表現が認められる場合には一切回答いたしません。

     

     

     

    Meat street via photopin (license), Businessmen shaking hands via photopin (license)
    pink-lotus

    タントラを基礎から学ぶ無料7日間メール講座

    タントラを知りたいけど、どこから手をつけたら良いか分からない人のための
    タントラ教養課程♡必須履修科目

    ・タントラって、聞いたことない
    ・タントラって、あやしいそう
    ・タントラって、分かりにくそう

    どれかひとつでも当てはまる人は、
    まずこの無料メール講座を
    読み始めてみてくださいネ。

    配信記事​
    Day 1 なぜ不安なのか?
    Day 2 そもそもタントラって何?
    Day 3 タントラの歴史をちょい紐解いてみる
    Day 4 タントラは、私に向いている?
    Day 5 実際どんなことやるの?
    Day 6 タントラ=セックス?
    ありがちな誤解と間違い
    Day 7 タントラを始めると手に入る将来

    この記事を書いた人

    Toshan

    タントラとは何か? 私とは何か? トータルに生きるとは?自分を探求する情熱がとまらず、インドに暮らして20年になろうとしています。

    現代に蘇ったタントラの聖典であるヴィギャン・ヴァイラブ・タントラハートを開き宇宙とひとつになる112通りの瞑想秘法』をパートナーのウッタムと共に実践し、日本やインドでワークショップ&リトリート開催。

    世界が一変した2020年以降は、オンラインで学べるタントラ・ティーチャー養成講座を中心に、本来の自分を取り戻し喜びと共に人生をハッピーに生きる愛の道タントラを分かち合っている。

    メルマガ登録はここから!「シヴァとシャクティが目覚める旅