インド瞑想トレーニング

 

2016年ツアー開催します!!


リシケシ現地10日間インド瞑想トレーニング

with Uttam & Toshan

 

 

この瞑想トレーニングは、瞑想をもっと楽しみたい、もっと深めたい、
そして内なる旅に向かうための基本をもっと理解したい人のために作られた完全にユニークなオリジナルプログラムです。

トレーニングは3つのパートから構成されます。

incredible !ndia

パート1:3日間 

Deprogramming and cleaning the rubbish

〜ディプログラミングとガラクタ浄化〜

 

 

私たちが瞑想を始めるとき出会うのが、条件付けです。
けれども、どこまでが自分の条件付けで、どこからが自分の真実なのか混乱することもしばしばあります。

あまりにも自分以外の人からの言葉やコメントを鵜呑みしてしまったり、ときには愛情溢れるアドバイスがその当人の無意識から来る全く逆の意図だと気づかずにいることさえあります。

そして、私たちは翻弄し、疲労し、結局のところ何をよりどころにしていいのかわからなくなったり、瞑想そのものへの疑いや混乱が生じます。

この条件付けによる信じ込みを洗い流す作業と、私たちがその全人生をかけて集め続けてきたガラクタを浄化するプロセスを体験します。

開催地であるOSHOセンターの目の前に流れるガンジス河が私たちの浄化プロセスを24時間サポートし続けます

そしてOSHOアクティブ瞑想、ヒプノシス、ガイド瞑想、ダンス、呼吸、家族の座、ペインティング、タロットカード、クリスタル、マントラ詠唱など数々のアプローチも含まれます。

 OGD

 

パート2:3日間 

ABC of spiritually and joy of the meditation

〜スピリチャリティのABCと瞑想の喜び〜

 

 

ひとたびガラクタが一掃され浄化されるとき、内側に初めてスペースが広がります。

それは空っぽと呼ばれたり、あるいは静寂のスペースと呼ぶこともできるでしょう。

瞑想が深まっていくに従って、そのスペースは拡大し続けていきます。

ですが、私たちのほとんどがそのスペースを恐れるがゆえに反対方向へと再び向かうことになります。

グループやセミナー参加に費やしたすべての投資とは裏腹に、私たちは再びその空っぽのスペースにガラクタを放り投げ始めます。

なぜなら、この何もない空っぽのスペースが自分の内側に起こってきたときに、何が支えになるのかを私たちは学んでいないからです。

この3日間では、内なる探求を支える瞑想の科学を今一度基礎から学び、いまさら人に聞けないことも含め学ぶことを放棄するために学びます。

また代表的な技法として10以上もあるOSHOアクティブ瞑想のそれぞれの技法について、インド古代の智慧と瞑想の歴史的背景も含めて理解を深めます。

瞑想者にとっても、これから瞑想を始める人にとっても興味深いテーマを追求します。


 

rishikesh-mountainそして、この7日間毎朝ダイナミック瞑想で始まり、朝食後OSHO REMINDING YOURSELF OF THE FORGOTTEN LANGUAGE OF TALKING TO YOUR BODYMINDの瞑想をします。日本では「からだでこころの声を聴く」という愛称で呼ばれています。

夕方はクンダリーニ瞑想、イブニングミーティングで終了になります。

ナイトセッションやシェアリングタイムも用意しています

 

 

 


 

 

 

Uttam Meditation

 

パート3:2日間 

Spiritual Tour for meditators

〜瞑想者のための聖地巡礼〜

 

このトレーニング最後2日間では、ヒマラヤ玄関口であるリシケシ周辺の聖地巡礼のツアーに出かけます。パート1&2で体験した学びや理解を深めると同時に、何千年とかけて探求者が絶え間なく訪れてきたリシケシの土地から享受できる瞑想のヴァイブを自身のあらゆる身体層へ浸透させていきます

 

観光としてのリシケシ訪問では決して知ることのない秘密の場所や寺院を訪れることになるでしょう。こうした場所は、「招かれた」ときにのみ辿り着くことができます。ウッタムとトーシャンが長い年月をかけて聖地巡礼の旅をともにしてきた経験が分かち合われる2日間です。

聖地とは、求めれば誰でも行ける場所とはかぎりません。どれほど行きたいと願っていても内なる準備が整っていなければ、道しるべは明かされることはないでしょう。もし訪れることができたとしても、そのエネルギーを感じることができるほどの繊細さがなければ、たとえ恩寵が降り注がれても気づくことはできないでしょう。この繊細さは瞑想のなかで育まれていきます。

7日間たっぷりと濃密な時間を過ごしたあと、この2日間のツアーは探求者としてのイニシエーションとなることでしょう。

 

ganga river 

 


 

 

インド リシケシ瞑想トレーニング with Uttam & Toshan

 

催行人数

 4名

 

 

日程

 10月29日(土)出発 〜 11月9日(水)日本帰国 (現地10日間)

 

 

お申し込み受付締切

 10月19日(水)

 

 

トレーニング代金

 78,000円(税込)

 ※別途、航空券代がかかります。

 

早割特典
9月14日(水)までにお申込み&参加費全額ご入金の方は参加費10,000円割引となります。

178,000円 → 168,000円

 

再受講割引

参加費40,000円割引となります。

178,000円 → 138,000円

 

講師

 ウッタム&トーシャン

 SS-U&T

 

トレーニング内容
ツアー内容
10月29日(土)
日本発 デリー空港到着
デリー空港近くのホテルにて一泊

10月30日(日)
朝デリー空港出発
デハラドゥーン空港到着
OSHO Gangadham Centerへ移動

10月31日(月)〜11月2日(水)

パート1
Deprogramming and cleaning the rubbish
〜ディプログラミングとガラクタ浄化〜

11月3日(木)〜5日(土)

パート2
ABC of spiritually and joy of the meditation
〜スピリチャリティのABCと瞑想の喜び〜

11月6日(日)〜7日(月)

パート3
Spiritual Tour for meditators
〜瞑想者のための聖地巡礼〜

11月8日(火)
デハラドゥーン空港から出発

11月9日(水)
成田着

 

 

 

 

 

※トレーニングに含まれるもの
・7日間ワークショップ&2日間ツアーおよび通訳費
・リシケシOSHOセンター宿泊費・食費(外食の場合を除く)
・デハラデュン空港/OSHOセンター間交通費
・フォローアップ&シェアリング質疑応答
※トレーニングに含まれないもの
・日本・インド国際往復航空券および国内航空券
・リシケシ滞在中の交通費
・自由行動にかかる経費、
・海外旅行保険やインドヴィザ申請諸手続き
・ツアー期間以降のサポートおよび通訳
<トレーニングに関して>
・トレーニングは成田空港から現地までは、日本人スタッフが同行します。

初めてインドを訪印する方は、ぜひ一緒に行かれることをお勧めします。

(エアインディア航空となります。)

 

・トレーニングは成田空港出発のみとなります。

デリー空港で待ち合わせご希望の場合は、一度ご相談下さい。

お申込前に航空券空き状況をご確認ください。

 

・インド渡航へはビザが必要です。各自で事前にビザ取得手続きをお願いします。

 

・トレーニング内容、日程は変更になる場合がございます。

 

<会場について>
リシケシ:OSHO Gangadham Center

 


 

 

 

 

 

 

 ウッタム・ダス

 

20年に渡って、メディテーションとヨガのフィールドで経験を積む

インドや日本、ヨーロッパにおいて、コースを開催

 

ブラーミンの家系に生まれ(厳格な菜食主義、祭儀的浄化に余念のない)

スピリチュアルな成長に必要な環境の中で育つ

 

7歳まで学校に行かず、田舎の村で野生動物のように暮らし

7歳から21歳まで、ほとんどの時をシバ寺院で過ごし、さまざまな聖人や出家者に出会う

渇きで死にそうな男のようにインド中を旅し、ヒマラヤをさまよい、様々なマスターやアシュラムを訪ね

日本の禅マスターに出会う

ついに、彼の渇きは、神秘家OSHOによって満たされる

この12年間、彼はOSHOのエネルギーフィールドである、プネーに居住

大学では科学とジャーナリズム専攻

ビハール・スクール・オブ・ヨガで学び、カイバリヤダム・ヨガスクールでアドバンスセラピー

クリヤヨガを習得、OSHOマルチバーシティーにて、禅カウンセリング、OSHO禅タロット

その他に、スリーインワンコンセプト、ヒーリング、タイマッサージ、チベタンマッサージ

アーユルヴェーディックマッサージ、リバランシングを習得。レイキマスターディグリー

ウッタム ウェブページ http://bodhibhairav.blogspot.jp/

 

主催・企画:アート・オブ・ラブ

 

◎お問い合わせ◎
ディアニ dhyani29☆gmail.com (☆を@に変更してください。)

 

インド リシケシ瞑想トレーニング with Toshan & Uttamの参加申し込みはこちら
携帯からの参加申し込みはこちら

主催・企画:アート・オブ・ラブ

Pocket
LINEで送る