家族の座⭐︎体験者の声

happy-family-4members

 

トーシャンの家族の座に参加された方々の体験談です。

その場にいる全員が家族のように感じられるのも、このコースでの独特なエネルギーフィールドです。

確かに、参加者がそれぞれお互いのお父さんになったり、お母さんになったり、兄弟姉妹になったり、パートナーになったり。。。。本当に家族や近しい人たちの代理人をすることで、魂レベルでの深いつながりと尊重を互いに感じ合うことができるからなんだと思います。

私だけの悩み。というのは家族の座では存在しません。誰しもがあたかも自分のことのように感じられるんですね。

それは瞑想経験があるとか、ないとか、そういうこととは全く関係がないのです。私たちは誰もがたった一人のお父さんと、たった一人のお母さんから生まれてきた。その事実は、瞑想体験とは何ら関係がありません。

こうして今、私たちが身体とともに生きているのは、父と母がメイクラブをしたから。それを真摯に思い出させくれるのが家族の座です。

家族の座 体験者の声

トーシャンさんがつくる場の空気が素晴らしく、とてもあたたかい気持ちで1日を過ごすことができました。
自己紹介から、うるうる来ており、座のテーマを話すだけで涙が溢れてきたのは、トーシャンさんを含め、みなさんがオープンハートでいてくれたから。

そして、座を開いて本当に良かったと思っています。
お母さんが大好きだと、やっと認められた。

長いこと拒否してきたけど、お母さんが大好きなんだと思えたら、なんだかすべての悩みがどうでもよくなって、守られてる感覚が湧いてきて、虚無感もどこかにいってしまいました。

世界はお母さんとの関係なんだと、リアルウーマンにも書かれていたけど、本当にその通りなのかもしれません。
次の日、ちょっとしたきっかけがあり、アートセラピーのヴィジョンコラージュをしてみました。手に任せてみようと思ってつくりあげてみたら、「オープンハート」がテーマとなっていて、そこにはたくさんの愛が散りばめられていました。

まさか、自分からこんなものが出てくるとは思わず。なぜか、アートセラピーを勉強したい!という気持ちも湧いてきて、お母さんのことが大好きだと思ったら、グルリと世界が動き出した感覚です。

今まで、自分の娘を保育園に預けたり、自然食やこだわりの幼稚園にいれてないことが、なんだかとてもよくないことのように感じていました。
家族の座で、座を開いて、自分がどれだけお母さんが好きか実感したら、形なんて子どもはどうでもよくて、ハグして、大好きだよってお母さんが伝えれくれれば十分なんだと理解できて、肩の力が抜けました。たくさんハグしていこうと思います。

あと、なぜか母親から、「妹ばかり気にかけたから、さみしい思いをさせたんじゃないかと気にしてる」と急に言われ、びっくり笑。

どんな出来事や状況も、愛が必ず根底にあって、愛こそすべてなんだなぁと思えるようになりました。

本当に素晴らしい1日でした!

感謝です。

素晴らしい場、素晴らしい体験をありがとうございました。また受けたい。

(女性 Aさん 東京コース参加)
 
日本で家族の座を長く紹介し、、また私自身もセッションをしていますが、トーシャンのリードは、素晴らしいなと感じました。介入しない、鋭い洞察、そして、その繊細さと間の取り方がとても心地良かったです。まったりした中に、ゆっくりと愛が流れていく感じがしました。実際、エネルギーとしての体感もありました。代役に立ち、母親役をしたときに、母性とハートから両腕を通して、子供たちに愛が流れているのを感じました。とても大きな体験で、私自身が癒されました。ありがとうございました。
 
(女性 Mさん 東京コース参加)
 
 
私はあまり代役に選ばれない方なのですが、選ばれる時は子供が多いと気付きました。今回シチュエーションは違うけど傷ついた子供を自分の生活している空間に新しく迎い入れる子供の役を2度やり、1度目は普通の家庭に育った自分自身は傷ついていない子供、2回目は自らも施設に入れられていて自分自身も傷ついている子供です。
 
全く違うタイプの子供ですが、子供は無垢なスペースに気前よく他者を招き入れるなってこと、良い意味で軽いエネルギー、大人の事情に否応なく左右されて従うしかない無力感はあっても、それを凌ぐ生命力で逞しく生き延びていくしなやかさ、優しさ、強さがまだ子供にはあるなってことを感じました。
 
長丁場だったので疲れていて眠たかったのですが、帰宅後ダイナミックをしていたらカタルシスのステージで泣けて泣けて次のステージでもまだ泣いていました。深い無力感を感じていたからです。
 
彼女(参加者)の座の施設の女の子の様に、自分に注意を向けてくれる人が誰か1人でもいたらいいんだよな…と思っていたら、OSHOはいつも見て知ってくれているという事に気付きました。
また、彼女(参加者)の座で代役をさせて貰って、自らが傷つきながらも傷ついた他者に気付き優しさや温かさを分かち合える優しさ、しなやかさ、強さを持った役をされせて貰えた事。自分自身にもそれは備わっているという事に気付きました。それはとてもエンパワメントされる体験でした。彼女があの座を開いてシェアしてくれた勇気は、私にも大きなギフトをくれました。だからありがとうってハグしに行ったのです。
 
(女性 Jさん 東京コース参加)
 
 
仕事や人間関係に対して自分の内(自分の本心)なる声がわからず、迷ようことが多くどうしたら良いかわからなかったのですが、座を開いていただき、自分の本心が反映されていたことで、判断に自信が持てました。
初めは、内容に興味があったのではなく別の理由で参加したのですが、導かれるとはまさにこのことで、全てに無駄はないことを実感致しました。
 
(男性 東京コース参加)
 
土曜日の東京家族の座はとっても心が満たされて、楽しい1日になりました。
FC(ファミリーコンステレーション)がだいぶ進化していて驚きました。
13年前に半年だけ受けたFCトレーニングでは、代役はあんまり自由に動いちゃ怒られたんだよ~
基本、ファシリテーターが代役を動かして「何か変わったか?」と気持ちを尋ねて、また動かして尋ねて、の繰り返し。
へリンガーも言ってたけど “代役に任せすぎると「解決」より「問題」の形に収束するリスクが” あって、座が重かった。
 
それに比べると、今のは、座がかるーい!あかるーい!参加者みんな、隣の次元との壁が薄ーい!するする動く~!
私自身も含め、人類全体、地球全体、みんな着実に進化して、周波数が上がってるんだなあと嬉しくなりました。
もちろんToshanの力量とDhyaniの場づくりのおかげと思います。素敵な場に参加させてくれてありがとう。
 
(女性 Nさん 東京コース参加)
 
 
自分の本当の気持ちがわからず、自分や相手をジャッジしては絶望感を感じていました。今までやってきたことはなんだったんだろう、もう何をやったって私はダメなんじゃないかと。家に帰って、太陽の下で草むしりをしていたら、涙がとまらなくなりました。「あぁ、わたしは長い間 ここから離れていたんだ なぁ・・・」大地や植物が「おかえり」と言ってくれてる気がしました。もう1度、今ここから始めてみようと思っています。「内なる光を輝かせて」もう1度わたし自身から・・・そこにつながってさえいれば、自然に導かれるんだと思います。
 
 自分が本当に立ち還る場所、そこから離れていたことに気づいて、そしてまた戻ってくることができた・・・存在の愛と、いつも変わらず見守り続けてくれてたOsho,トーシャン初め参加していたみんなに,本当に心から感謝しています。ハートに愛があふれて 涙もあふれます。ありがとう・・・ありがとう・・・
 
(女性 Mさん 大阪コース参加)
 
 
受ける前は 私は私でいいんだ、、という意識にシフトしつつありましたが それでも周りの顔色を伺ったり依存したりな自分に複雑な気持ちがありました。
受けたあとは今の自分に一番必要で求めていたものが 求めてた以上に受けとれたし思っても見ない形で体験できて考えすぎてたのが すっと楽になったり とっても穏やかで 静かで 落ち着いています 何かを積み重ねることや 幸せになることや 自分をあきらめてるところがあったけれど 自分と手をとって楽しく生きていきたい そんな風に感じていますなぜか父親と顔を合わせるのが恥ずかしい気持ちが出てきたり チャイルドな私の感傷なんかも感じたりもしながら だけどそれらの基盤にどっしりとしたものが感じられて安心しています。
 
とても楽しくてあっというまの2日間でしたすべての座が登場人物が全部そっくりそのまま自分自身に感じられ 沢山の気づきと共感が起こりました。自分自身が自覚している問題や状況を変えたいと思いながら 家族の座を見つけたときは これだ!という直感的なものと 揺らぐ気持ちと両方がありましたが結果的に、受けて本当に良かったと思ってます。
自分の座はもちろんですが他人の座を通して深く自分を見つめ知る事ができ 心が楽に軽くなっていくのを感じました時間とともに会話がなくても一緒にその空間にいるというだけで参加されてる方々と自然といつの間にか深い部分でしっかりと繋がれてるような、、安心そして不思議な感じでしたまだまだ不思議な余韻を楽しんでる真っ最中で整理しきれないけれど とても大切な貴重な2日間でしたまたこういう機会を持ちたいです音楽の力もすごかった 今日も1日中歌ってましたこんなに歌を気に入ることは今までないことで思わぬ収穫でした本当にありがとうございました
 
(女性 大阪コース参加)
 
受ける前には、骨盤に父ゆかりの?葛藤のエネルギーを感じていました。受けた後では、それが抜けました。意識ではわからないけれども、深いそこからの感情が湧き出て、涙があふれてきました。みずみずしい気持ちがしました。
参加している全員が初めから研ぎ澄まされた魂の方々ばかりでした。初めて会うのに、どこかで知っていたかのようなデジャブがあり、懐かしかったです。参加者全体で一つの家族を共有するからだと思います。
 
(女性 Mさん 大阪コース参加)
 
パートナーへの愛がますます深まりました。自分が彼に対して閉じようとする時にそのことに気付き、開き続ける新しい自分を選ぶ際に抵抗が減りました。とても楽しかったです。その場で起こる全てを信頼し切っているトーシャンの在り方、そこに集う仲間たち、起きた出来事・・・すべてがビューティフルでした。参加できてよかったです。ありがとうございました。
 
(女性 Sさん 大阪コース参加)
 
トーシャンと言えばタントラと言うイメージだったので受ける前には、自分の問題とリンクする座は無いかもと思ってました。どちらかと言うとSEXに正面から向き合うことは苦手なので。自分の座は開かなかったのですがいろんな代理人体験させてもらったので何かしら受け取るものは多かったです。変化と言えば、泣いてスッキリしました。
代理人体験のみと割りきって参加させてもらったので深刻にならずにいられました。今回の家族の座ではなるべく頭で理解しようとするのをやめてハートで感じる様にしていました。お金と自分のミニワークではハートに手を置いて座を観ながら深呼吸していました。そうすると、とても良い感じの関係が見えました。
代理人の時もなるべくハートに意識を向けているとトーシャンからの指示される言葉がほとんどドンピシャリのセンテンスでした。他のファシリテーターの方にはハートにヒットしないセンテンスを試しに言ってみる事が多いのですが、それが無かったです。
シールと皆さんと歌っていると深刻になりがちな雰囲気が変わってハートを感じるのを思い出せてとてもとても良かったです。貴重な体験をありがとうございました。ファミコン受けた事があるけどあまり変化がない人にオススメします。
 
(男性 Hさん 大阪コース参加)

 

 

 

お問い合わせ

トーシャンまでメッセージ送ってください。

toshanic@gmail.com

 

ABOUTこの記事をかいた人

facebook-profile-picture

タントラとは何か? 私とは何か? トータルに生きるとは?自分を探求する情熱がとまらず、インドに暮らして15年になろうとしています。 シヴァがシャクティに語る愛の言葉ヴィギャン・ヴァイラブ・タントラ『ハートを開き宇宙とひとつになる112の秘法』をパートナーのウッタムと共に実践し、日本やインドでワークショップ&リトリート開催。 メルマガ登録はここから!「シヴァとシャクティが出会う歓喜の旅