自分のからだと仲良くなる

woman-smile-shorthair

 

OSHOが肉体を離れる前、最後に私たちに渡してくれた瞑想があります。

それはOSHO自身の身体への実験として始まりました。

 

彼の肩には激しい傷みがあったのですが、OSHOは自分の肩に「傷みを落としなさい」と言うと、

傷みが文字通り消えていったそうです。
その当時の秘書の記録によれば、傷みは肩から腕に落ち、

次に足に落ちていていったそうです。

その後、彼の実験は続き、彼の近くにいた人たちも「身体に語りかけて傷みを落とすよう願う」という技法の実験が続きました。

 

ほどなくして、【こころで身体の声を聞く

Reminding yourself of the fogetten language of talking to the BodyMind

– 心身への語りかけ 忘れ去られた言語を思い出す –

が誕生しました。

 

現在このプロセスは1日1時間、

7日間のプロセスとして世界中で親しまれているんですね。

 

自分のからだに親しみをこめて話しかけるーーとても小さなことで、取るに足りないように思えることだけれど実際にやってみると、この『親しみをこめて』ということが非常に重要なポイントであることに気づきます。

そのことに不意に気づく瞬間。
それはこの7日間のプロセス中だったり、時間がずいぶん経過してからだったりするのですが、その瞬間は凍てついた氷の鎧が暖かい愛によって溶けていくような感じでした。私の場合。

 

外側に見えている現象としては、涙が伝ったり、体温の上昇を感じたり、五感の繊細さであったり。。。。

だからこそ、私自身このプロセスはより自然の近くで体験したいという思いもあり

リシケシ瞑想ツアーでは、必須履修科目にさせてもらってます。

 

昨年このプロセスを初めて体験したNainaの体験談【その2】をご紹介します。

とてもリアルな体験談ですので、ぜひ読んでみてくださいね。

 

次回の記事では、この「タバコ」に関する瞑想をご紹介します。

喫煙者の方は楽しみにしていてくださいネ。

 

OSHO TTBM

 

━━*:–☆–:*━━*:–☆–:━━

 

インド リシケシ瞑想ツアー

with トーシャン&ウッタムで毎日行われた

【こころで身体の声を聞く】

ツアー参加者、私たちのために

用意されていたOSHOセンターの一室

沈黙の時間の時は

いつもガンジスの音が聞こえていて
ガンジスの音とともに
トーシャンのリードで行われた。

誘導されるままに
私たちはそれぞれの居心地の良い

スペースへと入っていった。
私は、タバコについて身体の声を聞くことにした。

日々の疲れが溜まっていたからなのか

トーシャンの声が
心地よかったからなのか
ガンジスの側だったからなのか
分からないけれど

私は、毎回、途中から眠っていた。
寝ちゃったぁ。
気持ちよかった。
で、終わっていた。

なんだろな。
何もないや。
寝てるからか。

なんて思っていたんだけど

ある日、タバコが不味い。

もう一口、吸ってみる。

やっぱり、美味しくない。

いや、今までも美味しいと

思っていたのかさえ分からない。

美味しいというよりかは
ぼーっとしながら
タバコを吸って
吐く瞬間

この行為が好きだとは
感じていた。
でも、でも、でも、

たしかに美味しくない。
タバコをやめたくない!という

思いさえ出てきていた。
不味いと感じたことに、全く嬉しさはなかった。

頭の中のおしゃべりは
そんなはずはない。
私がタバコが大好きだ!

私には必要だ!
と、全身を使って抵抗をしている

イメージさえ浮かんでいた。
でも、タバコが不味い。

と感じているのはたしかだった。
このタバコを吸うという行為をしなくなったら
私は、どうしたらいんだろう。
という、不安さえ出てきていた。
別の日には

私は人と繋がる(作る)キッカケのためや

自分の居場所(スペース)を確保するために
タバコを吸っている。ことにも気がついた。

(タバコを吸う人たちは喫煙所に集まるため、

自然と知り合いになり、話をするようになったりする)
タバコをやめる。

吸わなくなる。

その行為には
これだけのことが理由になっていたなんて
思いもしなかった。
このプロセスは今も続いているよ〜!
━━*:–☆–:*━━*:–☆–:━━

インド リシケシ瞑想ツアー  with Toshan & Uttam
〜リシケシでの現地9日間を瞑想三昧する内なる旅へのご招待
↓ ↓ ↓
http://www.reservestock.jp/events/67446

 

この瞑想ツアーは、瞑想をもっと楽しみたい、もっと深めたい、そして内なる旅に向かうための基本をもっと理解したい人のために作られた完全にユニークなオリジナルプログラムツアーです。

ganga river
インド リシケシ瞑想ツアー with Toshan & Uttamの詳細はこちら

 

《この瞑想ツアーはどんな人向け?》

  • 瞑想をもっと楽しみたい、もっと深めたい人
  • 内なる旅に向かうための基本をもっと理解したい人
  • ダイナミック瞑想とクンダリーニ瞑想の違いをハッキリと知って実践したい人
  • OSHO瞑想法を実践しているがあまり変化を感じられない人
  • インド聖地巡礼に興味がある人
  • 死ぬまでに一度キレイなガンジス河で沐浴したい人
  • 人生をリセットしたい人

《参加することによって期待できること》

  • 瞑想の基礎をしっかり理解できる。
  • 瞑想が深まる。
  • 肉体・感情・マインド・魂レベルにおける多次元層の浄化と癒し。
  • 恋愛・結婚・仕事・人間関係・健康・過去生へのさまざまな気づき。

 

携帯から直接申し込みはこちら


詳細についてもっと知りたい方は

まず私たちに問い合わせてください。

どんな小さな質問でも結構ですので

気軽に声をかけてみてください。

お待ちしています。

お名前 (必須)

ふりがな(必須)

携帯番号(必須)

性別(必須)
男性女性

メールアドレス(必須)

メッセージをどうぞ

メルマガ

入力内容を確認しました

*携帯のメールアドレスをご記入された方は、
トーシャンからのメール(toshanic@gmail.com)受信できるよう
あらかじめ受信設定をご確認ください。

*送信ボタンを押してもセッション予約にはなりません。
ご希望の内容と日程の調整後、
正式にセッション予約の手続きとなります。

 

 

photo credit: Slumber via photopin (license)

ABOUTこの記事をかいた人

facebook-profile-picture

タントラとは何か? 私とは何か? トータルに生きるとは?自分を探求する情熱がとまらず、インドに暮らして15年になろうとしています。 シヴァがシャクティに語る愛の言葉ヴィギャン・ヴァイラブ・タントラ『ハートを開き宇宙とひとつになる112の秘法』をパートナーのウッタムと共に実践し、日本やインドでワークショップ&リトリート開催。 メルマガ登録はここから!「シヴァとシャクティが出会う歓喜の旅