• 家族の座を体験してみよう

    family-time-baby

    ❤︎それぞれの家族物語

    「数年前に離婚して、シングルマザーとして子供二人を育てています。元夫とは関係がいまひとつで、子育ては私ひとりでやっています。

    毎日の生活が精一杯で、新しい恋人をほしいと密かに思ってはいるものの、子供のことを思うと彼らが理解できる年齢になるまでは次の男性を見つけるのは難しいかもしれない。

    でも子供の成長を待っていたら、その頃までに私は女性として枯れてしまうかもしれない。」

    「仕事も順調で、家族のことも自分ではよくやっていると思う。父親としてできる限りのことはやっているつもりだ。妻とは冷え切った間柄だが、子供の面倒をよく見てくれていて感謝している。家族としての愛情はあるが、彼女を女性として見ることは難しくなっている。」

    「自分は何をやってもうまくいかない気がする。恋人もいないし、理想の人が見当たらない。」

    「両親と一緒に住んでいるのは金銭的な理由からだが、本当のところは自立してやっていきたいという意欲が湧き起こって来ない。一人暮らしをするべきなんだろうが、この状態から一歩踏み出して行かれない。」

    「自分の生きがいを見つけることができたので、それに向かって進んでいきたいのだが、家族が反対している。」

    「パートナーシップがうまくいくコツがわからない。いつも喧嘩が絶えないし、妥協するることが日常になっている。」

    「自分が望んでいないような人生を送っているのは自覚しているが、何をどう変えていったらいいのか、どこから手をつけたらいいのかまったくわからない。」

    「瞑想してるのに、人生がうまく進んでいかない。」

    「夫婦関係が冷めきっていて、他に好きな人がいるので離婚したい。けれども別れ話をする勇気がない。本当は別れたくないのかもしれない。」

     

    family-papa-children

     

    ❤︎少しの勇気をもって一歩踏み出してみる

    それぞれの人生物語。それぞれの家族の物語があります。

    それぞれのストーリーに耳を傾けてみると、どの物語も自分のことのように感じることがあります。

    自分が深く望んでいることは、毎日の生活シーンのなかで表面化することはほとんどありません。そして意識上にあがってくることも。何かがやってきても、あっという間に日常の一瞬間として過ぎ去ってしまう。

    夕飯を食べながら、家族の話し合いで解決する問題やトピックも多々あると思います。しかし、家族の座で働きかけるアプローチや内容はそれとは少し違います。

    食卓には決してあがってこない「何か」があります。

     

    こころのなかに。私というひとりの人間のそっと奥底に。

     

    ある人にとっては家族内で起こった性的いやがらせかもしれないし、パートナーに対する秘密や憤りかもしれません。あるいは家族や親戚の誰かのことを口に出すのは避けなければならないと言ったことかもしれません。

     

    たったひとり、誰にも相談することなく悩みを抱えているならば少しの勇気をもって一歩踏み出してみることを励ましたいと思います。

     

    ❤︎癒しは共鳴する

    私は幸運にも家族の座に出会ってから、誰にも言えなかった「恥」の部分に触れることができました。それは勇気のいることでしたが、グループのなかでは私の状況に共鳴し涙する人や、まるで自分のことのように感じた人がいて驚きでした。

    と同時にまた、自分が「恥」や「闇」だと感じていることをオープンにできるならば、それは深淵な癒しとなることを体験してきました。コンスレーション(座)が開かれる場で学んできた宝のひとつは、そうしたヒーリングが起こる瞬間は人間として生きて経験することのできる尊い瞬間であり、それは人間であることの尊厳を思い出させてくれることです。

     

    家族の座のグループに参加すると、いつも感じるのは国境や人種を超えて「ひとりの人間」としてある姿は、みな同じなのだということ。その姿を感じて、魂が動きます。感じて動く。「感動」という言葉は少し大袈裟すぎるように思えるかもしれませんが、一度体験してみると「あぁ、ほんとうにそうだね。感じて動くんだね。」といことがストーンと入ってくるでしょう。

     

    誰しもが一人の父親と一人の母親がいて、「わたし」という人間が生まれてきた−−−このシンプルさを見る体験をしてもらえたらと願っています。

     


     

    ❤︎家族の座をもっと知りたい

    家族の座というアプローチは人類の歴史にとっては新しい現象です。それだけに画期的かつ革新的なのです。家族形態が急激に変化していく今の時代に、このアプローチはますます歓迎され広がっていくようになると思っています。

    家族の座について書かれた本は多数(英語)ありますが、もっとも最新の翻訳本をご紹介します。

    実際の場を体験していない人は図解などピンとこないところもあるかもしれませんが、一度読んでみたい本です。そしてやはり、実際の場をぜひ体験してほしいと思います。

     

    『ファミリー・コンステレーションとは、愛情のもつれに起因する諸問題を、人間関係のシステムに「隠された愛の調和」を取り戻すことで解決しようとするものです。

    その法則を理解し、身をまかせるとき、愛は翼を広げる方法を思い出し、苦しんでいる家族や個々の人々の前に解決が自ら姿を表すのです。

    〜バート・へリンガー著「隠された愛の調和」より一部抜粋〜

     

     

    【東京】ファミリーコンステレーション⭐️愛の伝達

     

    mother-child

    開催 2017年4月8日(土)

    時間 10時〜19時頃

    会場 駒込周辺

    コース詳細&お申し込みはこちら

    【東京】ファミリー・コンステレーションin東京 ☆愛の伝達の参加申し込みはこちら

     

    携帯からチェック↓

    ━━*:–☆–:*━━*:–☆–:━━

     

    【大阪】ファミリーコンステレーション☆研ぎ澄まされる意識   

    soho-child

    開催 2017年4月1日(土)& 4月2日(日)

    時間

    4月1日(土)10時〜17時(16時半頃終了予定)
    4月2日(日)10時〜18時頃

    会場 阪急電車「淡路」駅 下車徒歩10分程度

    コース詳細&お申し込みはこちら

    【大阪】ファミリー・コンステレーションin大阪 ☆研ぎ澄まされる意識の参加申し込みはこちら

     

    携帯からチェック


     

     

     

    もう少し詳細を聞いてから参加するかどうか考えたい。

    という方は、30分無料(初回限定)セッションをご利用ください。

    メールでのお問い合わせはこちらから

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文 (必須)

    *メールアドレス&メッセージ内容が公開されることはありません。

    Pocket
    LINEで送る

Comments are closed.