瞑想の長い巡礼の旅

Osho,見守ることは、どのようにして無心(ノー・マインド)へと成長してゆくのでしょう? 私は自分の肉体を、自分の思考と感情を、前にも増して見守ることができます。そしてそれはすばらしいと感じます。でも、無思考の瞬間はごく稀です。あなたが、「瞑想とは観照することだ」と言われるのを聞くとき、自分は理解しているように感じます。しかし、あなたが無心(ノー・マインド)について話されるときには、それは少しも容易なことには思えません。説明していただけますか?

瞑想はひじょうに長きにわたる巡礼の旅だ。

私が「瞑想とは観照することだ」と言うとき、それは瞑想の始まりだ。私が「瞑想とは無心(ノー・マインド)だ」と言うとき、それは巡礼の旅の終結だ。

観照は始まりであり、無心は達成だ。観照は無心へと到る方法だ。当然あなたは、観照はより容易だと感じる。それはあなたに近いからだ。だが観照は種のようなものにすぎない。それから長い待機の期間がある。待機しているだけではない。この種は芽をふくだろう、それは茂みとなり、ある日春が来て、茂みは花を咲かせるだろう、と信頼をしていなければならない。 

 

 種をまくことはもちろんひじょうに容易だ。それはあなたの手の内にある。だが花をもたらすことは、とてもあなたにはおよばない。あなたは地面全体を整えることはできる。だが花はひとりでにやって来る。それがやって来るよう強いるわけにはいかない。春はあなたにはどうすることもできない。だがあなたの準備が完璧なら、春はやって来る。それはまったく保証されている。 

 

 それは、完璧にいい――あなたが進んでいるやり方は。観照が道であり、そしてあなたはときたま無思考の瞬間を感じ始めている。それらは無心の一瞥だ……ほんの一瞬の。 

 

無心の一瞥