• 春の息吹、いのちの息吹

    soho-child
    多くの方がご存知だと思いますが、私のアートワーク恩師であるMa Anand Meeraが先月21日肉体を離れました。

    彼女がボディを離れたことは私にとって相当なショックで何もかも手につかず状態ですごしていました。

     

    しかし彼女の肉体が荼毘された時点からこの世で彼女とつながることへの執着が突然のように消え、
    至福のダンス、喜びのハート、生を十全に生きることへの活力が溢れてきました

     

    私が家族の座&アートワークというワークショップをやってみよう!
    というインスピレーションは彼女のアートセラピストトレーニングのなかで培われてきたものです。

    ミーラ語録もいっぱいあります。私がペインティングしててスタックしてるときによく聞こえてきた言葉。 Go Baby! Go! Go Baby! Go!

     

     

    彼女から受け取った数限りないギフトのひとつが、家族の座のワークです。


    http://www.reservestock.jp/events/172905

     

     

    家族という言葉に少し引っかかりを感じる人もいるかもしれません。

     

    このワークの素晴らしさは、語り尽くせないほどありますがあえて言葉にするならば
    自分の両親をハートに取り込む

    ことでしょう。

     

     

    言葉にするのは簡単ですが、実践するのは決して容易ではありません。

     

    『両親を愛するのは登り坂の作業だ。』

     

    とOSHOは言います。

     

    それでも私たちは自分の家族から逃げ出すことはできません。

     

    どれほどの瞑想経験やセラピー体験があったとしても、心のどこかで両親を
    受け入れられないならば真の開花は起こりません。

     

     

    mother-child

     

     

    この二日間コースでは、OSHO瞑想と家族の座を主軸として、

    自分自身の見る力– the power of seeing- とつながる実践練習をしていきます。

     

    今回は、最高にスペシャル!
    なんとミュージシャンゲストをお招きしてライブミュージック&シンギングもご用意しています。

     

    ハートにダイレクトに響くOSHOソングを歌いながら、

    ありのままを見、ありのままを認識する

    プロセスを体験していきます。

    http://www.reservestock.jp/events/172905

     

    家族の座のコースを体験したことがある人にとっては、目からウロコの体験が待っていますヨ!

     

     

    タントラに興味がある人にとっては、自分本来の強さにアクセスすることを容易にし、人生で絶え間なく巻き起こるすべてに対し深刻になることなく対応する基礎力を身につけるタントラ事始めのコースともなります。

     

    また「家族の座」を体験したことがある、なしに関わらず初めての方でも寛いで過ごすことができます。
    初めての方でもすぐに親しみ、体験できるコース内容となっています。

     

     

     

    swam-heart

     

    「いのちの息吹」がもたらす深い愛のスペースを体験することは、
    人間として生きる自身への尊厳と活力をもたらします。

     

     

    春の息吹とともにいのちの息吹がもたらすスペースを
    ご一緒できたら嬉しいかぎりです。

     

     

    愛を込めて

    トーシャン

     

     

     

     ファミリーコンステレーションin大阪☆研ぎ澄まされる意識   

    soho-child

    開催 2017年4月1日(土)& 4月2日(日)

    時間 4月1日(土)10時〜17時(16時半頃終了予定)
    4月2日(日)10時〜18時頃

    会場 阪急電車「淡路」駅 下車徒歩10分程度

    コース詳細&お申し込みはこちら

    http://www.reservestock.jp/events/172905

     

     

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文 (必須)

    *メールアドレス&メッセージ内容が公開されることはありません。

    Pocket
    LINEで送る

Comments are closed.