家族の座&アートワーク⭐️Source of Creativity

boy-in-painting

<2015年本コースは終了しました>


親子で参加出来る☆創造性の源

〜「家族の座」と「アートワーク」融合ワークショップ〜

 

思い出してください。

まだ小さかった頃、誰に教わるわけでもないのに初めて絵を描いたとき。
それは今、大人である私たちから見たら、絵と呼べるものではなかったかもしれません。

 

子どもはある時期お絵描きを始めます。色を使って表現を始めます。紙の上だったり、道端だったり、壁だったり、食べているお皿の上だったり、、、
ペインティングという自己表現は、人間として生まれた私たちが存在から受け取った素晴らしい贈り物です。

 

アートを通して自己表現をしたいという衝動は、人間にのみ見ることができるでしょう。動物や鳥たち、木々や星々にはそれぞれの豊かな表現がありますが、表現したいという衝動からやってきたのではありません。

 

girl-in-painting

 

この二日間のコースでは、誰もが持っている無垢なスペースに再びつながり、家族の座というアプローチと水彩を使って「ピュアな私」を表現していきます

 

純真な子どもが何も考えることもなく好きな色をとって表現していくことができるのは、流れるエネルギーに逆らわず未来にとらわれることもなくただ遊んでいるからです。

 

その遊びのスペースは、今ここにあります

 

誰もが持っている表現する「力」を取り戻すとき、クリエイティビティの源から表現する喜び、自分への愛しさ、そしていのちの輝きへYes!

 

それが、縦横無尽に身体全体から放射されペインティングとなって顕れるでしょう。

girl-in-painting3

 


 

このような方が対象です

  • 家族の座やアートワークに興味がある。
  • 自己表現するツールを探している。
  • 自分と向き合いたい。
  • 水彩をやってみたい。
  • 子どもと一緒に絵を描いたり、WSに参加してみたい。
 

コース参加に期待できる効果

 
  • 知らなかった自分との出会い。
  • さまざまな気づき。
  • 生きている実感と喜び。
  • 家族への正しい理解と癒し。
  • 自分自身に対する肯定感。
  • 自分の人生を生きていく強さを取り戻す。

 


 
《トーシャンからメッセージ》

 トーシャンです。
  家族の座とアートが融合するワークショップって
  いったいどんなことをやるんでしょう?

 

  って思う人も多いかもしれませんね。

 

  私が100人の人たちと出会うとき
 そこには100通りの家族の物語があります。

 

 そして、100人の人たちの自己表現と出会うとき
 そこには100通りの色彩豊かなペインティングがあります。

 

2007年に初めてOSHOアートセラピーと出会って以来
何百人という人間の個性豊かな物語を目撃してきました。

 

それはシンプルに私という小さな人間を超えた人類への尊敬と
個人を超えた愛へと繋がることを可能にしてきました。

 

その表現方法は、たった一枚の紙。
けれど、そこには魂が震えるほどの感動
いのちの輝きがあります。

 

そうした絵を見るたびに
私はそこにいのち自身が表現の活路を
見いだした喜びを感じます。

 

人の内なる泉から放たれた
「私を表現したい」という純粋さの顕れは
心の琴線にふれ、私を癒してきました。

 

そしてまた
私自身も一枚の紙に幾度も幾度も色を重ねていきながら
いのちの輝きを取り戻してきました。

 

いのちがやってきたルーツ
家族と私を見つめるプロセスも同時に
進行していました。

 

たった一人の母と
たった一人の父から生まれてきた
私といういのち。

 

しかし私たちは自分自身のいのちの輝きを
「お母さんのため」
「お父さんのため」に
何かを為せば良いのだと思い込んできてしまったり
「自分のため」に何かを表現することに罪悪感を
抱いたりします。

 

そうした愛の秩序を正しい流れへに導いていくのが
家族の座のアプローチです。

 

いのちへの尊厳を取り戻すアプローチとも言えるかも
しれません。

 

「内なる泉」に繋がることで私というユニークな個性

そのまったき独自性を表現する方法が

「アート」と「家族の座」の融合です。

 

いのちへの尊厳と愛を再認識すること
それは家族の座を通して気づいていくことができるでしょう。

 

内なる泉が顕れてくのを許すこと
それはアートを通してやってくるでしょう。

 

今回は特にウォーターカラーと呼ばれる水彩画を描いていきます。

 

さまざま色たち
インドから特別に調達してきた水をたっぷり
含むことができるハンドメイドの紙、筆、水、空気、自然
ともに過ごす仲間たち、瞑想、ダンス。。。。

 

色彩豊かな気づきがもたらされる二日間になることを私も
今から楽しみにしています。

 

愛を込めて
トーシャン
(2014年LifeTraining with Meera@能登桜を描いたアルバムコラージュ)

掲載写真:

photo credit: Paint 170/365 via photopin (license)
photo credit: Boy Painting via photopin (license)
photo credit: Art & Writing via photopin (license)

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る